住宅ローン控除の還付金はいくら?控除と還付金はどう違うの?

住居費

住宅ローン控除と聞くと、「最大400万円」という言葉だけが独り歩きし、実際にどの程度恩恵を受けるかはよくわからない方が多いのではないでしょうか。

住宅ローン控除の還付金がいくらもらえるのか、控除と還付金はどう違うのか、という点について説明していきたいと思います。

控除と還付金の違いについて

控除と還付金の違いについてですが、控除は「制度」であり、還付金は「お金」です。

下記に簡単にまとめましたのでご覧ください。

控除 世帯の状況に応じて税負担を公平にする制度
還付金 多く払いすぎた税金が返還されて戻ってくるお金

「住宅ローン控除は全額返還されて、扶養控除は一部が返還されるのはなんで?」と困惑している方もいると思いますので、2種類の控除についてご説明します。

2種類の控除 「所得控除」と「税額控除」

控除とは、個人の状況に応じて税負担を公平にするための制度で、養っている妻がいる場合に受けられる「配偶者控除」や、年間10万円以上かかった医療費に対して受けられる「医療費控除」等があります。

そして、控除には2種類あり、「所得控除」と「税額控除」があります。

所得控除 税額控除
説明 税金を出す前に控除されるもの。 税金から直接控除するもの。
計算式 所得控除×所得税率=還付金 税額控除=還付金
種類一覧
  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 寄付金控除
  • 寡婦・寡夫控除
  • 勤労学生控除
  • 障害者控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 基礎控除
  • 青色申告特別控除
  • 配当控除
  • 外国税額控除
  • 政党等寄付金特別控除
  • 認定NPO法人等寄付金特別控除
  • 公益社団法人等寄付金特別控除
  • 住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)
  • 住宅耐震改修特別控除
  • 住宅特定改修特別税額控除
  • 認定住宅新築等特別税額控除
  • 中小企業者が新しく機械等を購入、取得したときの所得税額に対する特別控除
  • 中小企業者が経営力向上設備等を購入、取得したときの所得税額に対する特別控除
  • 試験研究費の総額に係る所得税額の特別控除
  • エネルギー環境負荷低減推進設備等を取得した場合の所得税額の特別控除
  • 雇用者給与等支給額が増加した場合の所得税額の特別控除

上記の説明だと少しわかりずらいと思うので、所得控除と税額控除を知るうえで重要な、税金の仕組みについて簡単に説明します。

控除の種類

税額控除は税金から控除されますが、所得控除は税率を出す前に控除されるので、所得控除×所得税率=還付金という計算式になります。

そのため、税額控除は全額還付されるのに対し、所得控除は一部が還付されるということです。

住宅ローン控除の還付金は10年で最大400万円

住宅ローン控除の最大還付金額は、10年間で400万円です。

1年当たりは40万円となっております。

控除期間 10年
控除率 1%
住宅ローンの年末残高の限度額 4,000万円
各年の控除限度額 40万円
合計最高控除額 400万円

住宅ローン控除は、「住宅ローン年末残高×1%」という計算式になり、毎年住宅ローン控除を受けられる金額は変わります。

所得税から還付され、残りは住民税から還付される

原則、住宅ローン控除は所得税から還付されますが、所得税を上回る住宅ローン控除額に関しては、住民税から還付されます。

ただし、住民税の場合は、所得税の還付と異なり、銀行に振り込まれるわけではなく、月々の住民税の支払が安くなります。

また、金額によっては住民税でも還付できない場合があります。

住民税の還付は月々の支払いが安くなる

所得税は銀行口座に振り込まれ、住民税は月々の支払いが安くなるかと言うと、税金の徴収方法に答えがあります。

税金種類 徴収方法
所得税 源泉徴収税という形で、先払いで徴収される。
住民税 前年度の所得に応じて、翌年6月から徴収される。

所得税は「源泉徴収税」という形で、毎月の給与からあらかじめ税金を徴収されています。

源泉徴収税は”先払い”なので、所得税の還付金は払いすぎた税金が、一括で銀行に振り込まれます。

一方、住民税は前年度の所得に基づいて翌年6月から翌々年5月まで支払いが続きます。

住民税は、住宅ローン控除が確定してから税額が決まるため、月々の支払いが安くなる、という仕組みになります。

所得税、住民税は徴収方法が異なるので、還付金の支払い方法も異なるということです。

住民税の住宅ローン控除額には上限がある

住宅ローン控除は、まずは所得税、余った控除額がある場合は住民税から還付されるのですが、住民税には控除上限額があります。

住民税還付金 136,500円
前年課税所得×7%

ほとんどの場合は住民税の上限に引っかかることはないので、さほど気にしなくて問題ありません。

住宅ローン控除の還付金がいくらになるかについてのまとめ

  • 住宅ローン控除の上限は10年で400万円
  • 控除額は全額還付される
  • 所得税と住民税の還付方法は異なる

コメント