都市ガスとプロパンガス(LPガス)の3つの簡単な見分け方とは

水道光熱費

桜があたり一面を舞い、悲しい別れと新たな出会いが生まれる4月。

新生活が始まる季節ですが、皆さん、家選びの重要な要素である都市ガスとプロパンガスの違いはわかりますか?

「都市ガスって?プロパンガスって?」となっているあなた、ガス選びは今後の毎月の支出が1万円変わってくる可能性があるほど、非常に重要な部分です。

そこで、今回は都市ガスとプロパンガスの見分け方について、3つの見分け方についてご紹介しようと思います。

【都市ガスとプロパンガス(LPガス)の見分け方1】不動産会社に直接確認する

家を借りる前に、直接担当の不動産貨車確認するのが最も正確で早い方法です。

不動産会社も隠すことなく教えてくれます。

不動産会社に直接確認する際の注意点

不動産会社に都市ガスかプロパンガスを確認する際の注意点として、「都市ガスとプロパンガスの料金はほとんど変わらない」と言われるケースです。

不動産会社も何とか契約させたいという想いがあるので、都市ガスとプロパンガスの料金で比較されないように、「都市ガスもプロパンガスも料金は変わらない」と言います。

ただ、実際には料金が大きく異なる場合もあるので注意が必要です。

【都市ガスとプロパンガス(LPガス)の見分け方2】ガスメーターの表記で見分ける

家に取り付けられているガスメーターを表記によって、都市ガスとプロパンガスを見分けることができます。

ガスメーターの都市ガス、プロパンガスのそれぞれの表記は下記の通りです。

都市ガス 12A、13A
プロパンガス LP、LPG

ガスメーターは基本的に家の外に取り付けられているので、確認してみてください。

【都市ガスとプロパンガス(LPガス)の見分け方3】ガスボンベで見分ける

都市ガスとプロパンガスの大きな違いとして、ガスの供給方法の違いがあります。

都市ガスは地面に埋められているガス管から供給されるのに対し、プロパンガスはガスボンベから供給されます。

ガスボンベは一目瞭然なので、家の外をぐるっと回ってみて確認してみてください。

ガスボンベが倉庫に格納されている場合

ガスボンベが外に置かれている場合はわかりやすいのですが、集合住宅の場合、ガスボンベが倉庫に格納されている場合があります。

その場合、目視だと確認できないのでガスボンベで見分けることはできません。

都市ガスとプロパンガスはどちらが安いの?

都市ガスとプロパンガスですが、よく言われるのはプロパンガスの方が1.1倍~2.2倍高いと言われています。

ガス代は月々1万円を超える支出になる可能性があるので、家選びの重要な指標となりえるので、しっかり確認してから家を選びましょう。

都市ガスとプロパンガスの料金比較とガス代を安くする実践方法
2017年4月からガスの自由化が始まり、ガス代を見直した結果、ガス料金が半額になる場合もあります。 興味はあるが、実際どう料金比較をしたらいいかわからず、結局何もしていない方がほとんどだと思います。 そこで、都市ガスとプロパンガスをそれ

「都市ガスとプロパンガス(LPガス)の見分け方」まとめ

  • 不動産会社に直接確認する際の注意点
  • ガスメーターの表記で見分ける
  • ガスボンベで見分ける
  • 都市ガスとプロパンガスは、プロパンガスの方が安い

コメント