都市ガスとプロパンガスの料金比較とガス代を安くする実践方法

水道光熱費

2017年4月からガスの自由化が始まり、ガス代を見直した結果、ガス料金が半額になる場合もあります。

興味はあるが、実際どう料金比較をしたらいいかわからず、結局何もしていない方がほとんどだと思います。

そこで、都市ガスとプロパンガスをそれぞれ料金比較し、実際にどうしたらガス代が安くなるかを調べていきます。

都市ガスとプロパンガスでは都市ガスの方が圧倒的に高い

都市ガスとプロパンガスを比較すると、プロパンガスの方が1.1倍~2.2倍ほど料金が高い傾向にあります。

プロパンガスが安くなるケースもありますが、ほとんどの場合は都市ガスの方が安いです。

どうしてここまでプロパンガスが高いかというと、主に4つの理由があります。

プロパンガスが高い理由1:人件費

都市ガスは地面の中を通るガス管からガスが供給されますが、プロパンガスはガスボンベから供給されます。

ガスボンベは空になったら人力で運ぶ必要があるので、その分の人件費がかかってしまうので、都市ガスと比較して高くなる傾向にあります。

プロパンガスが高い理由2:無償貸与契約

プロパンガスは最初の設置費用が10万円程度かかります。その費用は、初期費用として一括で支払うのではなく、月々の支払いに上乗せされて分割で支払います。

その月々の支払いは、設置費用が払い終えたらなくなるのではなく、契約している限り上乗せされ続けるので、月々の支払いが高くなってしまいます。

プロパンガスが高い理由3:自由料金

都市ガスは「公共料金」なので、予め決まった料金設定となっています。

一方、プロパンガスはプロパンガス会社が独自で金額を設定することができる「自由料金」です。

自由料金の場合、各プロパンガス会社が料金を設定できることはもちろんこと、契約者ごとに料金を変えることができてしまいます。

また、最初の契約した料金から、契約者への告知なく値上げすることができるので、知らず知らずのうちに料金が高額になっている場合もあります。

プロパンガスが高い理由4:プロパンガス会社が協定を結んでいる

2017年4月からプロパンガスの自由化が始まり、各プロパンガス会社の価格競争が行われるかと思いきや、プロパンガス会社は手を組んで値下げ競争が行われないようにしています。

例えばA社で契約をしていて、B社に乗り換えようとすると、B社の担当者から「A社で契約している方からの乗り換えはできません」と拒否されるのです。

協定を組まれたことにより、価格競争が起こらず、各社の料金が保たれていることになります。

これら上記4つの理由により、プロパンガスは都市ガスと比べて1.1倍~2.2倍ほど料金が高くなっています。

都市ガスに切り替えはほとんどの場合が難しい

「都市ガスの方が安いなら、都市ガスに切り替えよ!」と思うかもしれないですが、都市ガスへの切り替えはほとんどの場合が難しいです。

都市ガスへの切り替えが難しい理由は主に2つです。

マンションの場合はオーナーが特定のプロパンガスと提携している

マンションに住んでいる場合、オーナーが特定のプロパンガスと提携しています。

オーナーとしては、特定のプロパンガスと提携することで、マージン(紹介料)が発生し、利益となるのです。

そのため、マンションの住人全体で「変えてほしい!」と言わない限り、個別で都市ガスに切り替えることは不可能です。

都市ガスへの切り替えには10万円以上かかる

一軒家の場合、切り替えは簡単かというtそうではありません。

都市ガスに切り替える場合、地面に埋まっているガス管からガスを供給する必要があるため、家のガス機器とガス管を繋ぐ必要があります。

繋ぐ際に、

  • ガス機器(家に取り付ける)
  • 宅地建物内配管(ガス機器とガス本管を繋ぐ)
  • ガス本管(ガス本管と宅地建物内配管を繋ぐ)

の3つの費用が掛かり、一般的に10万円~15万円かかると言われています。

家からガス管が近ければ問題ないですが、ガス本管から家が遠い場合はさらに高額の料金がかかる場合があります。

都市ガスの切り替えの初期費用は一括で支払う可能性があるため、切り替えに踏み出しずらい方も多いと思います。

マンションは切り替えが難しく、一軒家の場合も初期費用が高額ですぐに踏み出せない等、都市ガスへの切り替えは難しい場合が多いです。

では、高額のプロパンガス料金を安くするにはどうしたらいいだろうか、その答えは適正なプロパンガスに切り替える方法が適切です。

適正なプロパンガス会社を利用すれば都市ガスとほとんど同じ料金

先ほど、「各プロパンガス会社が協定しているので切り替えが難しい」とお伝えしましたが、協定に入っていないプロパンガス会社もあります。

協定に入っていないプロパンガス会社の中で、適切なプロパンガス会社を選べば、都市ガスとほとんどん変わらない料金の場合が多いです。

中には、プロパンガスの方が安くなるケースもあります。

プロパンガス会社は数万社ある

適正なプロパンガスを調べようと思ったあなた、少し立ち止まってください。

プロパンガス会社は数万社あり、かつ価格競争が起こらないようにほとんどの会社は料金を記載していないです。

そこから1つずつ確認をするとなると、とんでもない時間が奪われてしまい、時間がいくらあっても足りません。

そこで活用すべきなのが、プロパンガス会社の見積もりサイトです。

専門の業者に見積もりを取るのが一番楽

一括見積サイトとは、プロパンガス会社を一斉に比較して、見積もりを出してくれるサービスです。

住所などの基本事項を記入するだけで、あたなにピッタリのプロパンガス会社を紹介してくれる非常に便利なサービスです。

プロパンガス会社の一括見積サイトはいくつかありますが、下記が有名どころです。

これらから見積もりを取り、比較するのがお勧めです。

「都市ガスとプロパンガスの料金比較」まとめ

  • プロパンガスの方が都市ガスより1.1倍~2.2倍高い
  • 都市ガスへの切り替えは難しい
  • プロパンガスを調べるよりも見積もりを取るのがおすすめ

コメント